未分類

ワキガじゃないのに脇が臭う。。。考えられる原因と対策法

 

遺伝的にワキガではないはず・・・

 

でも脇が臭うし他人にも臭いと言われてしまう・・・

 

そんな方、いらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

実際にインターネット内を見てみても、「病院で検査をしてもらい、ワキガではないと診断結果が出たのに、脇が臭いんです。」といったような文をよく見かけます。

 

当の本人からしてみれば、わけがわからないでしょうし、「もうどうしたらいいのかわからない!」といった感じだと思います。

 

ですが、このようなパターンにもきちんと原因はありますし、対策法もあります。

 

そこでこの記事では、この一見原因不明にも見えるような脇臭の原因と対策法が一通りわかるように説明していきます。

 

切っても切り離せないアポクリン腺の話

 

ワキガや、脇のニオイの原因とこの「アポクリン腺」は切っても切り離せない関係にあります。

 

アポクリン腺とは、簡単に説明すると、ワキガの原因となる汗を出す汗腺であり、このアポクリン腺から出る汗が皮膚の常在菌に分解され、あの独特なニオイを放出してしまうという仕組みです。

 

ただの「汗臭い」汗は、「エクリン腺」という、アポクリン腺とは違う汗腺から出される汗で、これには強いニオイはありません。

 

「ワキガ体質」と呼ばれる人はアポクリン腺の量が多く、またアポクリン腺の活動が活発なことから、あの独特なニオイを放ってしまうということです。

 

しかしこのアポクリン腺ですが、「ワキガでない人の体には存在しないのか?」と言われるとそうではありません。

 

ワキガじゃない人の体にも、ワキガの人に比べれば少量ですが存在しています。

 

ですから、世界中で「完全にワキガじゃない」という人は存在せず、ニオイが強い人、弱い人様々ですが、誰でも原因となるものは体の中にあるということです。

 

ではなぜこうも違いが出るのか。

 

それは、ワキガ体質の人はワキガではない人に比べ、アポクリン腺の活動が多く、非常に活発であり、アポクリン腺から出される汗の量が多いということが原因です。

 

ですから、ワキガ体質ではない人でも、このアポクリン腺から出される汗の量が増えると、ワキガのニオイを放つことは可能ということです。

 

ワキガ体質ではない人でも、条件さえ揃ってしまえば一時的にワキガになり得てしまうということですね。

 

一時的にワキガになってしまう原因

 

ここまででワキガ体質ではない人でもワキガのニオイを放ってしまうことはあるということがわかりました。

 

では、その「ワキガではない人がワキガのニオイを放ってしまう原因」は何なのか。

 

順を追って説明していきます。

 

原因その1 肉食中心の食生活

 

ついついお肉ばかり食べてしまったりしていないでしょうか。

 

お肉に含まれる「どうぶつ性タンパク質」という成分は、ワキガの原因であるアポクリン腺の活動を活発化させるだけでなく、ケモノ臭のような体臭の原因になってしまいます。

 

肉食中心の極みとも言えるような食生活を送っている欧米諸国の人々にワキガ体質が多いことを考えてみても、やはり肉食中心の食生活はよくありません。

 

そうとは言っても、完全に肉食は断て!と言っているわけではありません。

 

お肉に含まれている「どうぶつ性タンパク質」には「必須アミノ酸」という体内では生成できず、外部から摂取するしかない成分が含まれているため、必要な分はとる必要があります。

 

要はバランスが大切ってことですね。

 

この「必須アミノ酸」ですが、野菜からもとることができます。

 

野菜に含まれている必須アミノ酸は「植物性タンパク質」という成分の中に含まれており、大豆やそば、柿、キウイ、ブロッコリーやとうもろこし、しいたけ、かぼちゃなどの食品から多くとることができます。

 

タンパク質はお肉からしかとれないんじゃないかと、勘違いしてしまいがちですが、野菜からでも十分摂取することができるんですね。

 

ですから、食生活は「お肉がメイン」ではなく「野菜がメイン。お肉はあくまでもサブ」といった心がけが大切です。

 

それでも、やはりお肉はおいしいですし、食べたくなる気持ちもわかります。

 

ついついお肉をたくさん食べてしまった時には、肉食と中和させる食品として、梅干、わかめやこんぶ、、こんにゃく、しいたけ、ほうれんそう、大豆、バナナ、緑黄色野菜などの食品を一緒にとるようにしましょう。

 

原因その2 ストレス

 

2つ目の原因として、ストレスが挙げられます。

 

このストレスは、ワキガにとって最悪の敵と言っても過言ではありません。

 

ストレスを溜め込みすぎると、アポクリン腺の活動を活発化させるだけでなく、自律神経の乱れなどによる、アポクリン腺からの発汗を誘発してしまう原因にもなります。

 

また、この後にもお話ししますが、ストレスは「質のいい睡眠」を妨げます。

 

ですから、ワキガ体質ではないのにワキガのニオイがするという人は、先ほどの食生活に加え、ストレスが溜まっていないか、管理する必要があります。

 

現代社会では本当に様々なことでストレスがたまると思います。

 

また、昔の私もそうだったのですが、ワキガのニオイに悩まされている人でしたら、「外に出るだけ」や「電車に乗るだけ」でも大きなストレスがたまると思います。

 

ですから、この無意識のうちにたまってしまっているストレスを、日頃から解消する必要があります。

 

ストレス発散法については、人それぞれやり方があると思います。

 

もし個人的に日頃から行なっているストレス発散法があるのでしたらそれでかまいません。

 

要は自分のストレスが解消できればいい話ですから。

 

私がおすすめするストレス解消法は、「軽いランニング」と「半身浴」です。

 

ランニングは1日15〜30分程度でいいですし、スピードもゆっくりでいいです。

 

走り終わった後の爽快感と「走り切った」という達成感が味わえるとベストです。

 

また、ランニングは汗をかきますし、ランニングでかく汗は「エクリン腺」から出る、ワキガとは無関係の汗です。

 

日頃からこの「エクリン腺」からの汗を流しておくと、エクリン腺の活動が活発化し、アポクリン腺よりエクリン腺から汗が出てくれるようになります。

 

ですから、ランニングは一石二鳥のストレス発散法と言えます。

 

次に半身浴です。

 

これもランニングと同様、「ストレス発散」と「発汗」を目的としています。

 

38〜39度のお湯を座った時のへその位置あたりまではり、30分程度リラックスしながら湯船に浸かるのがおすすめです。

 

この時に自分の好きな音楽をかけるのもいいですし、防水の携帯のお持ちの方は動画なども見てもいいかもしれません。

 

ランニングも半身浴もそうですが、「日常」にこういったストレス解消法を取り入れ、それを「生活リズム」にしてしまうことがおすすめです。

 

逆に、こういったランニングや半身浴が「ストレス」に感じてしまうのであればすぐにとりやめるべきですし、無理して続ける必要はありません。

 

あくまで自分が気持ちの良い方法で、無理せず行なっていくのがベストと言えるでしょう。

 

原因その3 睡眠不足

 

3つ目の原因として、睡眠不足が挙げられます。

 

また、大きく言うと生活リズムの乱れということになります。

 

睡眠不足、生活リズムの乱れは自律神経の乱れに繋がり、自律神経の乱れはアポクリン腺からの「ドロドロした汗」に繋がります。

 

また、自律神経が乱れると、体温調節がうまくできなくなります。

 

体温調節がうまくできないということは、体温調節の役割を担う「エクリン腺」からの汗が出にくくなるということです。

 

エクリン腺からの汗が出にくくなるということは、その分ワキガの原因であるアポクリン腺からの発汗が増えるということです。

 

また、睡眠は健康的な体を保つには必須であり、長い間睡眠不足が続くと体の回復が追いつかず、先ほど話した「ストレス」にも弱い体になってしまいます。

 

また、ストレスがたまると睡眠不足にも繋がりますから、究極の悪循環ですね。

 

ですから、人それぞれ仕事等もありますし、生活リズムもありますから、「夜11時までには寝ろ!」とは言えませんが、できる限り夜更かしはやめて、自分が寝れる一番早い時間に寝ることをおすすめします。

 

早く寝て早く起きれば次の日も早く眠気が来ますから、しばらく規則正しい生活リズムを続けていればそれが普通になってくると思います。

 

ですから、最初の1週間ほどはきちんと意識して、早寝早起きを心がけましょう。

 

最後に

 

ここまでワキガ体質ではない人でも、一時的にワキガになってしまうこともあるということをお話しして来ましたがいかがだったでしょうか。

 

ワキガと生活習慣は密接に関係しています。

 

私は「ワキガ対策は健康的な生活リズムと体作りから」と考えています。

 

ですから、ワキガの対策をしていくためにはまず、健康的な体を作っていくことが必要であり、ワキガ体質ではない人でも脇のニオイが気になるのであれば、生活習慣を見直す必要があるということです。

 

しかし、健康的な体を作り、根本的に脇のニオイを抑えていくには時間がかかります。

 

「それまで待てない!」と言う方は多くいらっしゃると思いますが、そういう方にはワキガクリームをおすすめします。

 

個人差がありますが、これを塗れば基本的に日中はワキガを気にせず生活を送ることができます。

 

私は一度ワキガ手術を行い再発し、もう対策のしようがないんじゃないかと思っていましたが、これに出会ってからほとんどワキガが気にならなくなりました。

 

私のような中度〜重度のワキガでも効きますから、「ワキガ体質ではないのに脇が臭い」と言う方にも効果はあると思います。

 

少々値が張ってしまうのがネックですが、返金保証もありますので、「脇のニオイを早く消したい!」という方は一度試して見てはいかがでしょうか。

 

それではここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

体臭の種類と原因、ワキガとの違いについて。「臭い」と言われる方へ

こんにちは。カツオです。

「臭い」には様々な種類があって、自分がどの「臭い」に属しているのか、はたまた原因は何なのか、わからない方が多いと思います。

また、原因がわからなければ対策のしようがありませんよね。

どうしていいのかわからない上に外に出れば「臭い」と言われてしまう。

この上ないストレスだと思います。

この「臭い」という言葉は人それぞれだとは思いますが、「ブサイク!」だったり「お前が嫌いだ!」と言われるより傷ついてしまう言葉ですよね。

特に日本人は几帳面な性格ですから、なおさら臭いには敏感です。

そこで、この記事では臭いの種類と原因を説明していきます。

この記事を最後まで読めば、原因不明の「臭い」の解明に一歩近づけるはずです。

「臭い」の種類

「臭い」の王道、ワキガ

「臭い」や「体臭」と聞くと、このワードを思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

人間の汗腺には「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2つの汗腺があります。

ワキガはこの2つのうちのアポクリン腺から発せられる汗が原因で強いニオイを放ちます。

このアポクリン腺から出る分泌物はタンパク質、脂質が主であり、その他にもアンモニアや糖質などがあります。

その分泌物たちを菌が分解することにより、あの独特なニオイを放つというわけです。

また、一言で「ワキガ」と言っても、個人差があり、ニオイの種類は様々です。

主なわきがのニオイの種類として、以下が挙げられます。

・えんぴつの芯のようなニオイ

えんぴつを削った時ににおってくる、独特なニオイです。

ワキガと聞くとこのニオイを思い浮かべる方は多いと思います。

軽度のワキガの方に多いです。

・玉ねぎのようなニオイ

玉ねぎやネギのような、鼻の奥にツーンとくるようなニオイです。

えんぴつの芯タイプのにおいに比べると刺激が強くなるので、えんぴつの芯タイプよりニオイがきつい印象があります。

中度〜重度のワキガの方に多いです。

・スパイスのクミンのようなニオイ

こちらもえんぴつの芯タイプ同様、ワキガと聞くとこのニオイを思い浮かべる方が多いかもしれません。

スパイシーで刺激的なニオイです。

中度〜重度のワキガの方に多いです。

・発酵臭

腐ったチーズのようなにおいや、納豆などのにおいも、ワキガのニオイとして分類されています。

この分類のにおいは、玉ねぎタイプのワキガと並び、かなりきつい方のワキガに分類されます。

重度のワキガの方に多いです。

なぜこのように同じワキガでもこんなに違いがあるのか、それは人それぞれ生活環境、習慣、食生活が違うからです。

ワキガには生活習慣が大きく関わってきます。

例えば、1日3食きっちり健康的な食事をして、夜10時にはきちんと寝る。

このような人は比較的ワキガの症状は軽くなるでしょう。

逆に、1日2食の時もあれば3食の時もあり、食べるものは主にジャンクフード。

また、寝る時間は11〜3時とバラバラ。

このような人は、生活習慣が健康的な人に比べて、ワキガの症状は重いケースが多いです。

また、メンタルストレスもワキガに大きく関わってきます。

ストレスが多い人は、普通の人と比べ、アポクリン腺の活動が活発化する傾向があります。

このように、ワキガは様々な原因が積み重なって、あの強烈なニオイを生み出しているというわけなんですね。

 

私ワキガかも・・・ワキガのチェック方法はこちら

注意!こんなニオイはワキガではありません!

よくワキガと勘違いされるニオイとして以下が挙げられます。

・酸っぱいニオイ

これも確かにイヤなニオイではあります。

しかしこのにおいは先ほど説明した「アポクリン腺」と「エクリン腺」のエクリン腺の方から出る汗が原因のニオイです。

このにおいの原因はエクリン腺から分泌される酢酸や乳酸、イソ吉草酸といった物質がが主な原因のニオイであり、ワキガとは全く関係ありません。

汗をかいたらきちんと拭く、夏場は肌着の着替えを持っていく、制汗剤やデオドラントを使うなどすれば、十分対策できます。

おすすめの制汗剤はこちら

・獣臭

どこかイヌっぽい、野性的なにおいです。

このにおいの原因は主に食生活です。

お肉を控え、バランスよく野菜を食べるようにすれば改善されていくでしょう。

どうしても食生活が偏ってしまうという方は、サプリメントに頼るというのも一つの手です。

おすすめのサプリメントはこちら

・加齢臭

加齢とともに頭皮や耳の裏など発生する腐った油のようなニオイです。

このにおいの原因は主に加齢、メンタルストレス、ホルモンバランスの乱れにより過剰分泌された皮脂を常駐菌が分解することによるものです。

皮脂の過剰分泌を抑えるには、これもまた生活習慣を見直すしかありません。

肉食を控えバランスよく栄養を取り、毎日決まった時間に、できるだけ早く寝るようにしましょう。

また、半身浴やランニングなどの軽い運動で汗を流すことも加齢臭対策には最適であると言えるでしょう。

また、殺菌効果のあるデオドラントや、体臭対策用のせっけんなどを使用することがおすすめです。

おすすめのデオドラントはこちら

おすすめの体臭対策用せっけんはこちら

・腐った魚のようなニオイ

このにおいの原因はトリメチルアミン尿症という病気が原因のニオイです。

腐った魚のような生臭いニオイを放ち、周りにいる人が咳き込んでしまうというケースもあるようです。

ワキガとは違い症例が少ないため、治療法は確立されていません。

・便臭

そのままの意味で、俗に言う「ウ○コ臭い」ってやつですね。

このにおいはどちらかというと男性より女性の方が悩まされている方が多いかもしれません。

原因は便秘によって悪玉菌が増え、体内のガスが汗や息として体外に放出されるため、俗に言うウ○コのようなニオイが発生してしまうわけです。

朝食にヨーグルトを取るなどして、腸内の善玉菌を増やしていけば改善されていきます。

・生乾き臭

このにおいに関しては言うまでもありませんね。

生乾きによって衣類に大量に発生した雑菌が、人間の皮脂やタンパク質を分解して発生するニオイです。

洗濯が終わったらすぐに干す、極力室内干しはしない、生乾き対策用の洗剤を使いなどで対策してください。

また、ここからが重要なんですが、一度生乾きによって雑菌が繁殖してしまうと普通の洗濯では菌は落とせません。

洗い終わった後は大丈夫だと思っていても汗をかいたらあのイヤなニオイが・・・なんてケースは少なくありません。

「生乾き 臭い 対策」等で検索すると、菌が繁殖してしまった服を元に戻す方法がたくさん出てきますのでそちらを参照し、対策してください。

・甘酸っぱいニオイ

このにおいは糖尿病や過剰なダイエットが原因です。

人間の体は通常状態だとブドウ糖を主なエネルギー源として活動していますが、糖尿病の人間の体だとこのブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンが不足しており、本来のエネルギー源であるべきブドウ糖を使えないため、脂肪を代用します。

この脂肪を分解する際に発生するのがこの甘酸っぱいニオイの原因である「ケトン体」です。

きちんと栄養バランスを考えた上で、適度なダイエットを心がけることで予防、対策できます。

危険信号!?こんなニオイは病気が原因かも

ニオイの原因は様々ですが、以下のようなニオイがする場合は体に危険が及んでいるかもしれません。

ニオイの原因と特徴を把握し、思い当たる節がある方は一度医師の診断を受けてください。

・尿のニオイ

腎臓の機能が低下が原因です。

体内の毒素や老廃物が排出されず、アンモニア臭を放つようになります。

・カビのようなニオイ

肝機能が低下が原因です。

肝臓で分解されるべき物質が分解されきらず、汗を通して体外に放出され、カビのような体臭を放つようになります。

・腐った卵のようなニオイ

胃炎などが主な原因です。

胃腸の調子が悪くなると、食べたものが消化不良をおこし体内で発酵し、それが血液や汗を通して体外に放出され、腐った卵のようなニオイを放つようになります。

 

もっともはやく自分の体臭を知る方法

「自分の体臭の原因がわからない・・・」このページを読んでいる方の中にはそのような悩みを抱えている方が多くいるかもしれません。

ですが、自分の体臭を最速で知る方法がありますので安心してください。

それは・・・

もっとも信頼できる人に自分の体臭について打ち明け、正直な感想を聞くことです。

「そんなことできたら苦労してねーよバカヤロー!」

そんな言葉がどこからともなく聞こえてくるようです。

確かに他人に自分の体臭のことを打ち明け、真実を告げられると言うことはとても恥ずかしいし、辛いし、もしかしたら数日間立ち直れないかもしれません。

でもよく考えてみてほしいんです。

恥を忍んで一瞬頑張ればこの状況から打破できるかもしれません。

それにこの辛い日々と比べたら、一瞬の恥なんて大したことないと思いませんか?

少なくとも私はそう思います。

ちなみに私は高校生の頃に突然周りの人から「臭い」と言われ始め、その時にもっとも信頼できる親友に正直に体臭で悩んでいることを打ち明け、親友から正直にワキガだと言われ、ワキガであるということが発覚しました。

当時はどん底に叩き落とされた気分でしたが、ワキガクリームなどを使うことで今では人並みの生活を送れています。

このページを通じて、少しでも多くの方が体臭で悩まされる辛い日々から解放されることを心から願っています。

 

管理人おすすめのワキガクリームはこちら