自己紹介

はじめまして!カツオと申します。

このブログをご覧になっている方のほとんどが既にワキガで苦しんでいる方、もしくは「私ってもしかしてワキガかも・・・?」とお悩みの方だと思います。

かくいう私も高校2年生の頃、隣の席の女の子に「臭い!」と言われ、自分がワキガであるということに気づきました。

初めは「クラスの中に臭い奴がいるんだろうな〜」と思っていたのですが、すれ違う人の反応やクラスの人たちの態度を見ていると、どうやら私が臭いの主犯格らしく・・・

思い切って一番信頼できる友人に聞いてみたんです。

「俺って臭い?」

そしたらドが付くレベルの直球で教えてくれました。

友人「正直に言うと臭い。半年くらい前からワキガみたいな臭いがするようになった。」

これを聞いた時はものすごく凹みましたし、「まさか俺がワキガ?そんなわけないだろ・・・」と何度も思いました。

 

しかし、「このまま半信半疑の状態でうじうじ悩んでても仕方ない。専門家に診てもらって結論を出してもらおう」と決心し、近くの皮膚科に予約を入れて診断を受けました。

診断内容はアンケート、耳垢のチェック、腋にガーゼを数分挟み、その臭いを検査するというもの。

 

結果は・・・

 

正真正銘のワキガでした////////////

 

とまあ、今ではこういった風におふざけ混じりで話すことができますが、当時の心境としては自殺を考えるレベルでどん底に叩き落とされたような気分でした。

高校生と言えば勉強はもちろん、部活やバイト、恋愛などを通じてより一層アイデンティティが形成されていく時期です。

そんな時期にワキガ発覚・・・周りの高校生たちが部活だ!バイトだ!恋愛だ!とキラキラ輝いている間、私は一人でひたすらワキガとどう向き合っていくか悩みまくっていました(笑)

デオドラントを買いあさり、これは効かない。あーこれもダメ。「おっこれはいいんじゃないか」と思ったら3週間くらい後になれば効果が薄れてる・・・

なんて日々を繰り返しました。

当時の自分は誰とも関わりたくなかったし外に出るのも本当に嫌でした。

電車通学なんて最悪です。誰にも近寄られたくないのに嫌でも密集地帯に自ら突っ込まなくてはならないんですから(笑)

しかし、今となってはそれも思い出話、私は今特にワキガを気にせず人並みの生活を送れています。

「もう数え切れないくらいデオドラントを試したけどどれも効果がない・・・」

「かといって手術は多額の費用がかかるし痕も残る。術後臭が発生するかもしれない・・・」

このように当時の自分と同じような悩みを抱えるみなさんが少しでも早く普通の生活に戻れるよう、過去の自分の経験を生かし、全力でサポートしていきたい。

そういった思いから、このブログを運営しています。